感想文   『 風の少年シナド』を観劇してくれた子ども達から寄せられた感想文です。

 <一年生>

 ・おうぎをひらけたところがすごいね

 ・どうぶつのことばがきこえるところがすごいです

 ・アシナとシナドが雨をふらせたところがかっこよかったよ

 ・おおきいへびのうごきがすごかったです

 ・たいいくかんでげきをしていただきありがとうございます。シナドは、どうぶつとおはなしができてすごいですね。

    そしていろいろないきもののきもちも、かんがえることができてすごいです。わたしもシナドのようにしぜんとなかよしになりたいです。

<二年生>

 ・わたしは、シナドのかつやくを見て、すごいと思いました。なぜかというと、ゆうかんで、ととさまにおさけでだますなんて。すごいと思いました。

 ・わたしの心にのこったのは、やまんばがシナドとアシナをたべようとしたところです。ぶじ、あめがふってきて、よかったですね。

   みんなをまもれるのは、シナドとアシナだけだとわたしは、思います。

<三年生>

 ・ととさまがどうぞの酒をのんでどうぞどうぞとあっさりおうぎをわたしたところがおもしろかったです。

    風の子のシナドを見せていただきありがとうございました。

 ・オルシがタケハヤに、ケガをさせられて、かわいそうでした。このげきをみて、森を大切にしないといけないことが分かりました。

   アシナとシナドは、とてもやさしかったです。理由は、オルシの大切なおうぎをかえすためにいろいろ考えていたからです。

   わたしもシナドとアシナみたいにやさしくなりたいです。

 ・たった6人で、こんなにとてもすごいげきを見て、がっきをひいて、きれいな音を出して、すごかったです。

    あと、ドラゴンを動かしていた所は、本当のドラゴンが生きていたみたいで、びっくりしました。

 ・わたしも風の子のみなさんのまねをしてみんなにわらってもらえるげきがゆめになりました。

<四年生>

 ・やまんばが、オルシなど、いろいろな生きものがでてきたり、森やシカみたいな、しぜんに関けいするものがいっぱいあって、

  今を生きることが、すばらしく、 ありがたいことなんだなと思いました。

<五年生>

 ・私は「風の少年シナド」を見て、形や種類はちがうけど命に囲まれて生きることは大事だと思いました。

  この物語では、テレビのように映像を入れたり、後で直したりできないけど、たくさんの工夫で伝えられるのはすごいと思いました。

  たった6人で物語の人物と黒子をやるのもすごいと思いました。

 ・僕は今日「風の少年シナド」を見て、一番感動した場面は、シナドが里に雨をふらせるために山に向かった場面と、

  シナドとアシナが協力して命の扇を開く場面です。シナドが山に行った場面では、シナドの決意が見られ、村の人々がシナドをおどしたり、

  悪口を言ったときに息子を守るように、大きな声を出して村の人々を追いはらった場面では、 家族を大切にしようと思いました。

  シナドとアシナが協力して命の扇を開いたところでは、「一人でできない事も協力すればできる。」ということを学びました。

<六年生>

  ・風の子のみなさん、今日は「風の少年シナド」をして下さり、ありがとうございます。

  この劇では、たくさんの生き物が出て来て、本当に生きているように動いていたので、おどろきました。これから劇をする時は、このことを思い出したいです。

  ・六年生は、げきをするので悲しんでいる様子、泣いている様子など、 げきで参考にしたいと思いました。

  ゆ快な音楽、不気味な音楽が流れてきたりして、心がわくわくして楽しかったです。